二輪教習/第二段階(1~3時間目)通算10-12時間目

今日から2段階教習スタート。8:30からのシュミレータのあと9:30からの実車、そのあと14:20からのシュミレータというかなり変則的な予定でした。朝2時間の後一旦家に帰ってその後また午後から教習所へ…。第一段階は教習所のルールで1日2時間までしか予約が取れませんが、2段階目は1日(連続じゃなければ)3時間まで予約が取れる。しかも日曜にもかかわらずシュミレータ2時間ということもあってか3時間丸々入れてもらえたので教習も一気に進みました。2段階目のほうが予約に融通が効きやすいのかな?1日教習所ってかんじでしたが、日曜で旦那が送り迎えに付き合ってくれて大変助かりました。(いつもありがたい…)

2段階目は普通免許で言うところの路上にあたるけど二輪の場合は路上が無いのでシュミレータ教習が9時間中3時間もある…!

まず1時間目はシュミレータによる交通状況に応じた走行方法について。画面上で4つあるコーナーを40・60・80kmと速度を変えて周回するんですがコーナーの角度が均等じゃなくて、教官がみてる画面でコースを確認すると、カーブがどんどんきつくなっていて、最後になるとクランクみたいな90度近くなってる。60kmまではどうにか回れるんだけど80kmになると最後の角はみんな転倒してしまう。教官の持ちネタ的なエピソードによれば過去に一人だけこの角を乗り越えた10代の男の子が居る…っていう。カーブを何周もしてると全然カーブ角が違う感じが実感できない。曲がりきれなかったのか正直よくわかんなくなってこわいな~と思いました。

\カーブ前では必ず減速!/


2時間目は2段階目からの新しいCコースの走行を踏まえて踏み切りと障害物回避を含めた新コースの走行。指示器出しとギア変えでいっぱいいっぱいで目視が全然できてなかったけどそろそろ進路変更300m前か3秒前からの指示出しを意識した走行をするように。
ミラー⇒目視⇒ウインカー⇒三秒走行⇒ミラー⇒目視⇒進路変更
小刻みに進路変えるとこだとこんな悠長にできないな~という感じだけど外周からの進路変更はこの手順をスムーズにできるようになりたい…。

3時間目はまたシュミレーター。自分も含め3人で教習。午前中のシュミレーターは山道の周回だったけど、今回は街中や住宅街の走行。バスやトラック、歩行者が居る中を教官の指示に合わせて走行しますが、右折する交差点で道を譲ってくれた対向車のバスの死角にバイクが2台連続で直進してきてぶつかったり巻き込みで事故ったりのケーススタディを体験しました。

それにしてもこのシュミレータが私はすごく苦手です…。普通にバイクに乗ってる感じと全然感覚が違うし、エンジン音も全然違う。フカすとやたら唸るのでおっかなくて全然スピードが出せず、教官に「自転車より遅い」と言われる始末(笑)でもシュミレータのおかげで自分以外の人のシフトワークや走行フォーム、ブレーキングなんかをまじまじ見れるのはすごく参考になりました。シフトワークがとにかくのろたらしてる自分からすると難なくちゃっちゃとギアを上げる人をみて「おお~!」っとなってしまう…。いかにもおっきいバイクが似合いそうなガタイのいい男性や華奢な若い女性とシュミレータが一緒になったりすると、この人はなんで免許とるのかな~とか色々思い巡らす楽しさもあったり。

予定がつまっていて次の教習まで10日空いてしまうのがすごい不安なので寝る前とかあるきながらとかコース走行のイメトレしながら過ごそうと思います。