はじめに

<はじめに>
このブログはアラサー中年(♀/38歳)のわたくし山下上が、自動二輪免許を取ろうと思った時に教習所の名前を検索し、色んな情報を見て回った経験を基に、自分も過去の先人のようにこれから免許を取りたいと思う人の少しでも参考になれたら、という思いつきで二輪教習のよもやまをまとめております。


<免許を取ろうと思ったきっかけ>
車の免許は所持しているもののもう10年以上乗っていないペーパードライバー、アラフォーに差し迫った中年女性。自分なぜ一念発起し二輪免許を取ろうと思ったのか。キッカケはめっちゃ単純です。


「「「近所を少しまわるのにバイクがほしいなと思ったから」」」

私の旦那さんはが車もバイクも好きな人で、うちにあるバイクはスーパーカブ90CB750、85ccにボアアップしたモンキー。車もMT。というわけで普通AT限定免許しかない自分が乗れる乗り物が一つもなく、結婚前は主に徒歩、結婚後の移動時はもっぱら助手席か徒歩のみで生活しておりました(自転車はパクられたらやだな~という理由でなんとなく持たずに数年過ごしてきました…観賞用(?)の赤いモトコンポもあるにはあるんですがモトコンポは幹線道路なんかで走るにはかなり怖い感じです)


元々バイクには興味があって、高校時代は古本屋で70年代の名作バイク漫画『750ライダー』を買い集めたりしてました。当時古本屋行くとどこでも大量に並んでたんですよね…。(後半の巻が全然見当たらなくなって30巻くらいまででやめてしまいましたけど)そんなこんなで18歳の高校卒業前に原付の免許を取得。大学卒業後、20代前半くらいまでは坂の多い横浜に住んでたのもありに中古で買ったレッツ4(その後、車との接触事故で廃車になりました)と、新車で買った初代Today(赤くて可愛かった)を持ってたんですが、都内への引っ越しを期に手放してそれっきりに。

車のほうは大学3年の時に親戚が住んでた伊豆大島の教習所、東京センチュリーモータースクールで合宿(という名の島民扱いで「通学」でした)教習にてAT限定の免許を取得しました。今はどうかわからないけど当時大島には信号が3箇所くらいしかなく、路上教習がかなりラクだし楽しかった…(ただ教習所が波浮の山の中にあり元町までの道もかなり狭い道やきついカーブが結構あった…)高速教習も無くてシュミレータで終わったし。とはいえあまり器用ではない自分はその時は15日(最短+1時間延長)で卒業だったんですが。
合宿免許ってすごく独特の雰囲気があって。あんなに時間の持て余した人間があつまる空間人生で出くわすことがほとんどないですよね。(学生時代だったから出来たな…。)


話がそれましたがバイクに関しては結婚後、旦那のバイクの後ろにタンデムで乗せてもらう時にやっぱり楽しいな~と思うことがあって。この先引っ越すとかでバタバタするかもしれないから取るなら今しかない!!と思いまして教習所に通うことにしました。

(教習所選択編に続く)