二輪教習/第二段階(4時間目・5時間目)通算13-14時間目

朝5時45分にかけた目覚ましの音とともに凄まじい雨の音で目が覚める。生憎すぎる天気で二度寝をかまし7時に旦那に起こされる。教習所に行くバスは7:36。完全に寝坊…!

というわけで旦那に教習所まで送ってもらうことに。(ほんとすいません…)給料日後なこともあっていつもより道も混んでるけど少し早めに出たので事なきを得つつ、8:00ちょっと前に教習所到着。ら、朝方のスコールみたいな大雨のせいで、教習コースがところどころ水没していました!見慣れたコースが半分くらい池のようになってて、まだ雨が降りしきる中、消防ホースみたいなので職員の方が排水作業をされてました。ご苦労様です…!


配車手続きをして、いつも通りトイレに行って手を入念に洗う儀式を済ませて、時間まで前回までの反省メモを見返す。クラッチは強く握りすぎると半クラに戻すまでに時間がかかるからあんまり強く握りすぎないとか、リアブレーキをついつい踏みすぎてるの注意!とか、あと停止のときはきちんとフロントブレーキを握る(このときフロントブレーキも強く握り過ぎず、中指、薬指、小指をクッと曲げるだけでOK!)とかとか。教習直後に習ったり注意されたことをメモとる余裕がでてきたのもあるんだけど、過去の自分からの書き置きを見返して落ち着くことができる。


カッパを着る分いつもより準備に時間がかかるので少し早めに二輪待合室に入って準備。雨は小ぶりになってきたけどやむ気配はなく朝8:30からの教習だから他にはあんまり居ないかな~とおもいつつ準備をしていたら普通免許の原付教習組が5人ほどやってきました。折角のバイクに乗れる機会なのに生憎の天気でもったいないな~と思ったり…。(原付教習って教官の大型バイクの後ろを同じバイクがカルガモみたいについて見てて微笑ましい)

今日の教習内容は1時間目は急制動。決められたパイロンの位置に40kmで到達し、パイロンをくぐったらブレーキをかけて停止限界位置までにバイクを停止。今日は雨なので3つある停止線の一番奥の14mのとこで止まる練習。…頭ではわかってるつもりなんだけど天気のせいもあってか40kmの到達が遅く、加速をおっかなびっくり入れるため教官に何度も注意されました。急制動に入るコースは前に車がいなければ一時停止は不要、入り口にはいる前に3速に入れてパイロン直前まで42~5kmくらいまで上げてアクセルオフ、エンジンブレーキを聞かせてフロントとリアのブレーキを同時にかけること。クラッチは停止直前で一気に握る。

実際にやると停止線を越えないように警戒しすぎてクラッチも早く握ってしまう有様。30kmの急制動AT車教習の時とかも含めこれまでにも何度かやってるんだけど10km違うだけで全然違うな~っていう感想でした。

しかし今日はとにかく雨がすごくて。ウォーミングアップで外周を2週回ってから2段階用のCコースを自習しましたがとにかく教習コースのありとあらゆる場所の水びだしっぷりがすごかった。2速でそれなりに徐行しても、まるでモーゼの十戒みたいにかき分けて走るし、スラロームの手前なんか完全に水没してて全然加速できないし。一本橋ももうちょっとで沈下橋?みたいな…。もう笑うしかなく一緒に教習を受けてた2段階みきわめの男性とコースですれ違うたび苦笑いしてました。連続2時間目は自由走行だったんですけど、コースがこんななのでCコースの復習がメイン。

最後にちょこっと「回避」もやりました。急制動と同じように指定されたパイロンまで30kmで3速で加速し、紅白旗のだされた色でラインの右と左に進路変更して停止する。赤が右で白が左。1回目は難なく成功したんだけど、2回めは左手で赤の旗が降られてるのに気づかずに左に回避して「ちがうちがう!」って言われてしまう…。絵にかいたような引掛けに引っかかりました。

途中で雨が強まってきてカッパは蒸れるし雨は顔にも眼鏡にもかかるしなかなかしんどい教習でしたけど10日ぶりの実車でやっぱりバイク楽しいな~と思いました。最初の頃は操作で精一杯でガッチガチだったけど、今はクラッチが繋がった時に車体が沈み込む感覚とか、音でクラッチがつながった感覚をつかむ余裕ができてきた感じがする。終わりが見えてきたのが少しさみしいな~と思いながら翌週の最後の教習日の予約と卒業検定の予約を入れて仕事に向かいました。

二輪教習/第二段階(1~3時間目)通算10-12時間目

今日から2段階教習スタート。8:30からのシュミレータのあと9:30からの実車、そのあと14:20からのシュミレータというかなり変則的な予定でした。朝2時間の後一旦家に帰ってその後また午後から教習所へ…。第一段階は教習所のルールで1日2時間までしか予約が取れませんが、2段階目は1日(連続じゃなければ)3時間まで予約が取れる。しかも日曜にもかかわらずシュミレータ2時間ということもあってか3時間丸々入れてもらえたので教習も一気に進みました。2段階目のほうが予約に融通が効きやすいのかな?1日教習所ってかんじでしたが、日曜で旦那が送り迎えに付き合ってくれて大変助かりました。(いつもありがたい…)

2段階目は普通免許で言うところの路上にあたるけど二輪の場合は路上が無いのでシュミレータ教習が9時間中3時間もある…!

まず1時間目はシュミレータによる交通状況に応じた走行方法について。画面上で4つあるコーナーを40・60・80kmと速度を変えて周回するんですがコーナーの角度が均等じゃなくて、教官がみてる画面でコースを確認すると、カーブがどんどんきつくなっていて、最後になるとクランクみたいな90度近くなってる。60kmまではどうにか回れるんだけど80kmになると最後の角はみんな転倒してしまう。教官の持ちネタ的なエピソードによれば過去に一人だけこの角を乗り越えた10代の男の子が居る…っていう。カーブを何周もしてると全然カーブ角が違う感じが実感できない。曲がりきれなかったのか正直よくわかんなくなってこわいな~と思いました。

\カーブ前では必ず減速!/


2時間目は2段階目からの新しいCコースの走行を踏まえて踏み切りと障害物回避を含めた新コースの走行。指示器出しとギア変えでいっぱいいっぱいで目視が全然できてなかったけどそろそろ進路変更300m前か3秒前からの指示出しを意識した走行をするように。
ミラー⇒目視⇒ウインカー⇒三秒走行⇒ミラー⇒目視⇒進路変更
小刻みに進路変えるとこだとこんな悠長にできないな~という感じだけど外周からの進路変更はこの手順をスムーズにできるようになりたい…。

3時間目はまたシュミレーター。自分も含め3人で教習。午前中のシュミレーターは山道の周回だったけど、今回は街中や住宅街の走行。バスやトラック、歩行者が居る中を教官の指示に合わせて走行しますが、右折する交差点で道を譲ってくれた対向車のバスの死角にバイクが2台連続で直進してきてぶつかったり巻き込みで事故ったりのケーススタディを体験しました。

それにしてもこのシュミレータが私はすごく苦手です…。普通にバイクに乗ってる感じと全然感覚が違うし、エンジン音も全然違う。フカすとやたら唸るのでおっかなくて全然スピードが出せず、教官に「自転車より遅い」と言われる始末(笑)でもシュミレータのおかげで自分以外の人のシフトワークや走行フォーム、ブレーキングなんかをまじまじ見れるのはすごく参考になりました。シフトワークがとにかくのろたらしてる自分からすると難なくちゃっちゃとギアを上げる人をみて「おお~!」っとなってしまう…。いかにもおっきいバイクが似合いそうなガタイのいい男性や華奢な若い女性とシュミレータが一緒になったりすると、この人はなんで免許とるのかな~とか色々思い巡らす楽しさもあったり。

予定がつまっていて次の教習まで10日空いてしまうのがすごい不安なので寝る前とかあるきながらとかコース走行のイメトレしながら過ごそうと思います。

二輪教習/第一段階(9時間目)みきわめ

今日はいよいよ第一段階のみきわめ。土曜ですが16時すぎまで仕事がある日だったので、土曜の最終教習時間に予約を入れました。仕事先は新宿で通勤時間は1時間ちょうど。いったん家に帰って着替えを済ませ、ヘルメットを用意して教習所へ。土曜で旦那さんが居たので車で向かいます。夕方からの教習は変速ランプが見えやすいので好きです。

前回派手にコースを間違えたので何度もイメトレしてコースを覚えました。
最初にどっちに曲がるかが一番忘れやすい…。

今日の指導員さんはみきわめということもあり細かく指摘されました。特に発進時。教習におけるバイクの発進時は念入りに後方確認をするくせをつけといたほうが良いなと思いました。自分の中でしっくりきたイメージは「バイクを狙う泥棒が後方に潜んでいる」です(笑)疑心暗鬼になるくらい後方を確認してるアピールが多分大事だと思うので…。

バイクにだいぶ慣れてきましたがギアチェンジが相変わらずバタバタしてしまうくせがどうしても抜けなくて、ギアをローに落として停止するのを忘れて注意されたり、ローのまましばらく走ったりしてしまいます。あとリアブレーキだけかけて停止してしまってフロントブレーキがかかってないことを注意されたり。最後ゴールに帰って安心したところでうっかりエンストがすごく多いのもだいぶ言われてしまった。鬼の半クラと初期にやたらがんばった8の字練習のおかげで教習所内をゆっくり走る課題走行はだいぶ自信がついてきましたが発進と停止時の指摘が多く一進一退だなぁという気持ちで教習は終了。かなり注意は受けたのでもしかしてダメかな…と不安になりながら待合室に戻ってプロテクターを外しちょっとドキドキしてたけど結果はOK。晴れて2段階にコマを進めることができました。ゼッケンの色も次から黄色から青に変更になります。喜びを噛み締めながら旦那と待合室ですれ違った顔見知りの指導員さんに報告しつつ、2段階初回のシュミレータの予約。
翌日が日曜だったので1時間シュミレータの予約入れておしまいかな~と思いきや、配車係の方からシュミレータのあとの1時間の実車と、もう1時間シュミレータの予約を入れられると言われて喜び勇んで2段階目の予約を8時間のうちの3時間を一気に入れてもらえました。通常の実車はネットで自分で予約ができるけどシュミレータは配車係による予約しか入れられないのでここで融通をこんなにきかせてもらえるのはほんと嬉しい。
二段階は今までの課題走行に踏切と急制動が追加になり、コースも少し変わります。頑張って覚えなければ~

入所手続き

ネットで予約後、予約した日の3日前くらいに確認メールが届く。仮予約時に質問項目のところに割引後の金額が最終的にいくらになるのか質問項目を追記したらそれについても丁寧な返信が来た。来所の際には、インターネットで申し込んだことを伝えること、そうすると写真代(\1,296)がサービスになるそうだ。

入所手続きに必要な書類は下記の通り

・免許証(住所・本籍等変更ないもの)
・免許証がない場合は、本籍入り・本人のみ・6ヶ月以内の住民票
・印鑑
・眼鏡等
・学生証
・料金(カード、ローン可)
免許なし(原付持)・・・・MT201,420円 AT185,436円 (手続き時必要金127,008円)
普通車持(大型中型)・・・MT130,572円 AT114,588円 (手続き時必要金64,152円)

20,000円割引or15,000円割引+グッズ キャンペーン中ということで
私の場合20,000円割引を利用して、免許取得に必要な最低金額は110,572円

ちなみに15,000円割引利用なら通常価格7,980 円(税込) のジェット型のヘルメットがサービスされるということだった。
(ヘルメットはタンデムの時に使うように自分のものを買ってあったので選択肢にははいらなかった)
これに卒業時の達成報酬として都内からの通学者向けに3,000円分のQUOカードがもらえる。

半分ノリと勢いで申し込んだけど大丈夫かな…と少し心配になりつつ土曜の昼過ぎくらいに入所手続きをしにいよいよ教習所へ。
入り口で休憩中なのか暇そ~~にタバコを吸ってるおじさんや若い男の子、送迎バスのおじさんたち…受付をくぐっても筆記対策で勉強している女の子とか、入った瞬間に十数年前に車の教習にかよったあの時の雰囲気を思い出しました。

受付の女性に入所申し込みに来た旨を伝えると簡単に入所後の説明等を受け、その後視力検査とデジカメによる原簿用の写真撮影。どうやらここでは入所手続きの日と入所式は別日になるらしく入所式も1日おき。今日は土曜だったので、明日日曜の朝9:20からの入所式の予約をいれました。入所式のあと1時間教習が受けられるということなのでその予約も入れました。今は教習受付をSuicaのようなICカードを登録することでう処理するらしく普段使ってるPasmoの定期券を登録。教習開始までに受付にあるICカードリーダーにPasmoをかざすとレシートみたいなのがでてきてそれを隣のカゴに入れて受付を済ませる。シュミレータのような特別な予約以外はネットで予約や取り消しができるといったしくみになってました。

教習の予約に関するルールは3つ。
①二輪の実車教習は1段階は1日2時間まで、2段階になると3時間(連続では2時間までですが時間をあければもう1時間可能)の予約ができる
②ただし土日は予約が集中するため1日1時間までしか予約がとれない。(←これがめっちゃきつい)キャンセル待ちであれば可能。
③火・木・土の午前中は検定があるため教習が無い(←これもけっこうきびしい)

市川中央自動車教習所は月曜が定休日。最終教習は火~土は18:30~で日曜は16:20~まで。
ここまでの情報を総合して考えるとこれ時間的な制約がかなり厳しいのでは…!?ということが判明。特に土日にそれぞれ1時間ずつしか入れられないとなると平日仕事しながら通いで取ろうとするとかなりかかりそう。。。。
私は会社勤めのサラリーマンですが昼から夜までとか、早帰りができる日が月2回まで設定できたり多少時間に融通がきくのでなんとか出勤前や平日休みを駆使して時間を確保しながら通うことになりました。

入所祝いに手続きのあと二輪館にいって旦那にバイクグローブを買ってもらいました。
明日はいよいよ入所式と教習開始!

四十路峠の教習所選択編

免許取ろうと思った理由はもう一つあって、今住んでいる都営新宿線瑞江駅の駅前には今井自動車教習所があります。家から10分とかからず通いやすい場所に教習所があるからにはここに住んでる間に二輪免許取りたい!と引っ越してきた当初から考えておりました。二輪免許も大型二輪免許も取ってる旦那に費用や教習時間等を教えてもらいつつ、今井自動車教習所のホームページで料金を確認。あれ…思ってるよりだいぶ高い!?瑞江に住んでるとここの教習車はよく見て馴染みもあるし教習所の建物も真新しくて親しみは感じてましたが他の教習所とくらべても2~5万くらい値段が違う。さらにクチコミもみてまわったところなかなか踏み切れない気持ちにはずみがついてしまいました。教習所のクチコミはどこも結構辛辣なことしか書いて無いから鵜呑みにしてはいけないと思いつつ、料金面でどうも気持ちに折り合いがつかず…多少離れてもいいからもう少し安いとこないかなと思いGoogleMapで検索し葛西橋自動車教習所、江戸川自動車教習所、新小岩自動車学校 と見て回りました。さらに東京を超えて千葉まで足を伸ばしたほうが料金的には良いな~と思いたどりついたのが市川中央自動車教習所。

今井⇒普通二輪車157,600円 (21,600円割引き後の価格)
http://www.imai-ms.com/campaign/discount/
市川⇒普通二輪車110,572円 (20,000円割引き後の価格)
http://www.icdsr.co.jp/cam_bike_info01.html
47,028円も違う…!

自宅から多少距離はあっても都営新宿線なら本八幡から送迎バスも出てて、車なら15分くらい。何より金額面の比較が決定打になりました。そんでココの教習所名でサーチすると結構卒業生のブログ教習日記みたいなのがでてくるんですよ。キャンペーンもあるし卒業時に3,000円分のQUOカードもらえるし「アッ免許取ろう!」と思いついてから1週間と立たずホームページから入所仮申込みを済ませました。あまりに急に決めたので旦那にめっちゃ驚かれたりしたけど思い立ったが吉日です。

(入所手続き編に続く)

はじめに

<はじめに>
このブログはアラサー中年(♀/38歳)のわたくし山下上が、自動二輪免許を取ろうと思った時に教習所の名前を検索し、色んな情報を見て回った経験を基に、自分も過去の先人のようにこれから免許を取りたいと思う人の少しでも参考になれたら、という思いつきで二輪教習のよもやまをまとめております。


<免許を取ろうと思ったきっかけ>
車の免許は所持しているもののもう10年以上乗っていないペーパードライバー、アラフォーに差し迫った中年女性。自分なぜ一念発起し二輪免許を取ろうと思ったのか。キッカケはめっちゃ単純です。


「「「近所を少しまわるのにバイクがほしいなと思ったから」」」

私の旦那さんはが車もバイクも好きな人で、うちにあるバイクはスーパーカブ90CB750、85ccにボアアップしたモンキー。車もMT。というわけで普通AT限定免許しかない自分が乗れる乗り物が一つもなく、結婚前は主に徒歩、結婚後の移動時はもっぱら助手席か徒歩のみで生活しておりました(自転車はパクられたらやだな~という理由でなんとなく持たずに数年過ごしてきました…観賞用(?)の赤いモトコンポもあるにはあるんですがモトコンポは幹線道路なんかで走るにはかなり怖い感じです)


元々バイクには興味があって、高校時代は古本屋で70年代の名作バイク漫画『750ライダー』を買い集めたりしてました。当時古本屋行くとどこでも大量に並んでたんですよね…。(後半の巻が全然見当たらなくなって30巻くらいまででやめてしまいましたけど)そんなこんなで18歳の高校卒業前に原付の免許を取得。大学卒業後、20代前半くらいまでは坂の多い横浜に住んでたのもありに中古で買ったレッツ4(その後、車との接触事故で廃車になりました)と、新車で買った初代Today(赤くて可愛かった)を持ってたんですが、都内への引っ越しを期に手放してそれっきりに。

車のほうは大学3年の時に親戚が住んでた伊豆大島の教習所、東京センチュリーモータースクールで合宿(という名の島民扱いで「通学」でした)教習にてAT限定の免許を取得しました。今はどうかわからないけど当時大島には信号が3箇所くらいしかなく、路上教習がかなりラクだし楽しかった…(ただ教習所が波浮の山の中にあり元町までの道もかなり狭い道やきついカーブが結構あった…)高速教習も無くてシュミレータで終わったし。とはいえあまり器用ではない自分はその時は15日(最短+1時間延長)で卒業だったんですが。
合宿免許ってすごく独特の雰囲気があって。あんなに時間の持て余した人間があつまる空間人生で出くわすことがほとんどないですよね。(学生時代だったから出来たな…。)


話がそれましたがバイクに関しては結婚後、旦那のバイクの後ろにタンデムで乗せてもらう時にやっぱり楽しいな~と思うことがあって。この先引っ越すとかでバタバタするかもしれないから取るなら今しかない!!と思いまして教習所に通うことにしました。

(教習所選択編に続く)